佐賀記念

フェブラリーSに登録するも除外対象となっていたホッコータルマエが、逃げるエーシンモアオバーの2番手追走から4角で並びかけ直線を向いて突き放す完勝。
フェブラリーSにも出走できていればそこそこの人気になっていたはずの馬ですから、ここでは力が違いましたね。

これで一応賞金的にはフェブラリーSにも出走可能になりましたが、さすがに連闘での出走はしないようです。
今後は帝王賞、あるいはJCDを目標にしていくのだとは思いますが、まずは賞金を稼いで出走権を確定させていかないといけませんね。ダート路線は芝に比べて似たようなメンバーと距離での争いになるので、賞金を加算していくのも一苦労です。