フェブラリーS
枠順が確定し、注目のカレンブラックヒルは6枠11番となりました。先行勢がほぼカレンブラックヒルより内に入った事で外から被せられる心配はなさそうです。この馬にとっては好枠と言えるのではないでしょうか。
ハナに行ってもいいですし、タイセイレジェンドやエスポワールシチーが主張するならその後ろの外でという展開が想定できますね。

同じく初ダートのガルボも8枠15番。こちらは芝を長く走れる外で絶好枠ですね。過去の例では初ダートでのフェブラリーS挑戦は散々な結果となっていますが、トゥザヴィクトリーの3着は大外枠から先行の形でした。
トゥザヴィクトリーと比べるのはどうかとは思いますが、ダートでの追い切りは良かったみたいですし、恐らく人気もしないでしょうから穴狙いなら一考の価値はあるのかもしれません。

展開はタイセイレジェンドが逃げ、エスポワールシチーとカレンブラックヒルが続く形でしょう。
ガンジスやワンダーアキュートは中団になりそうですが、内に入ったグレープブランデーは浜中騎手がどう乗るかですね。内で勝負するのか外に出していくのかの判断は難しそうです。
昨年の1,2着馬のテスタマッタとシルクフォーチュンはどちらも外で後方からですね。
イジゲンはゲート次第としか言えません。

馬名 騎手
1 1 マルカフリート 福永祐一
1 2 グレープブランデー 浜中俊
2 3 セイクリムズン 藤岡佑介
2 4 ナムラタイタン 太宰啓介
3 5 タイセイレジェンド 田辺裕信
3 6 エスポワールシチー 松岡正海
4 7 ガンジス 内田博幸
4 8 イジゲン F.ベリー
5 9 ヤマニンキングリー 武豊
5 10 ワンダーアキュート 和田竜二
6 11 カレンブラックヒル 秋山真一郎
6 12 ダノンカモン W.ビュイック
7 13 エーシンウェズン 蛯名正義
7 14 テスタマッタ 岩田康誠
8 15 ガルボ 石橋脩
8 16 シルクフォーチュン 横山典弘