東海S

1着 ニホンピロアワーズ
2着 グランドシチー
3着 マイネルバイカ

一昨年のJCDの覇者ニホンピロアワーズが単勝オッズ1.6倍の圧倒的な支持に応えて完勝。
昨年のJCDを休み明けで挑み5着、続く東京大賞典でも3着となかなかこの馬らしさが見えませんでしたが、久々に良いレースを見せてくれました。
とは言っても昨年秋の2レースで先着された相手に比べれば楽なメンバーですし、このくらいはやれて当然というくらいの実績を持った馬です。

今後はフェブラリーSとの事ですが、昨年は回避しているように1600は使った事がなく未知数ではあります。
東京のダート1600は少し距離が足りないくらいで丁度いいようなコースでもあり、スピードはある馬ですからこなせそうには見えますが、この辺りはやってみない事には分かりませんね。
完調ならベルシャザール、ホッコータルマエと対等の評価をしてもいい馬だけに、ここをきっちり勝ってくれた事で、フェブラリーSはまた1つ面白くなりそうです。

2着グランドシチーは昨年のこのレースでもあわやという脚を見せていて、このコースは合うのでしょう。
現状では一線級には少し及ばない状況ですが、今回は内容は良く、中団でうまく折り合えればまだまだやれそうです。

昨年のフェブラリーSの覇者グレープブランデーは今回も厳しい結果となってしまいました。
フェブラリーS後の骨折から復帰してこれで4戦となりますが、この状態では今年は難しいと言わざるを得ませんね。