川崎記念

1着 ホッコータルマエ
2着 ムスカテール
3着 トウショウフリーク

川崎の交流G1川崎記念は単勝オッズ1.1倍のホッコータルマエが人気に応え快勝。
相手関係からも負けられない1戦となりましたが、トウショウフリークが大きく逃げ、後ろにはムスカテールという少し難しい展開になりました。
それでも積極的に前を捉え、ムスカテールに半馬身まで詰められはしましたが、あとどれだけ距離があっても半馬身のままずっといきそうな感じで、着差ほどの危うさは感じませんでした。

次はフェブラリーSでベルシャザールとの再戦が注目されます。
昨年交流G1の主要タイトルをほぼ総ナメにしながらJCDで敗れ、最優秀ダートホースを逃しているだけに、どうしても勝っておきたい相手ですね。

JCDもそうでしたが、フェブラリーSもダートの上位馬が勢揃いしそうで、非常に見応えのあるレースになりそうです。